野球肘・野球肩

野球肘・野球肩の原因

痛みの原因として関節や靭帯にかかるストレスが原因となります。そのストレスは投げすぎなどによる筋疲労であったり、肩関節の柔軟性の欠如。胸椎、胸郭(肋骨や背骨)の柔軟性機能性の欠如。肩甲骨周りの筋肉や関節の働きや硬さ、さらには股関節の機能性など細かく見ていくと様々な体の状態が肘や肩の異常を引き起こします。

成長期のお子様の場合には軟骨が剥がれてしまう離断整骨軟骨炎などの症状もあり長期の休養を要する症状もあります。

昨今、投球制限などが話題に上がり成長期のお子様の故障予防がケアされていますが、経験上、肘や肩の症状に関しては球数を投げていなくても痛みを訴えたり、レントゲンやMRIなどでの所見が見られる子供達もおり、痛みがなくても日頃のケアが肘や肩の障害には大変重要だと当院では考えています。

当院の治療 

先にあげたように肩や肘のコンディショニングを保つために必要な柔軟性や機能性をチェックし、炎症ある部分に対しては電気治療で炎症を抑える治療を行い。疲労により筋肉の硬さが関節の動きを阻害し負担をかけているのであればマッサージやストレッチ、電気治療や鍼治療を行い、まずは痛みのコントロールを行います。

その過程で柔軟性や機能性が欠如している部分を見つけ出し、その部分にも電気治療やマッサージ、鍼治療などで筋肉や関節の硬さを取ったところでエクササイズや抵抗運動などを行い正しい筋肉の働きを取り戻していきます。

※事前に整形外科で肘や方のレントゲンやMRIの撮影をおこない、骨や靭帯の状態をお伝えいただけると治療がスムーズに行いやすいです。

野球での痛みの専門家 

当院の院長はプロ野球チームのトレーナーとして活動したキャリアをもち、現在でも多くの野球選手のサポートを行っています。
特にピッチャーを数多く治療しているため、肩肘の症状に関しては数多くの症例を診ており、プロ野球選手以外にも小学生から大学生、社会人まで数多くの野球選手の治療を行ってきました。

2018年にはオリンピック強化スタッフとして侍ジャパンU15の世界大会にもトレーナーとして帯同しています。