ひざの痛み

どのような症状ですか? 痛みの原因はこちらです。

▶ 症状

  • 正座ができない
  • 階段の上り下りで痛い
  • スポーツによる膝の痛み
  • 膝に水が溜まる
  • 手術をしたが治らない

▶ 痛みの原因

主な膝の痛みの原因としては、半月板の損傷や内・外側靱帯、前・後十字靱帯の損傷による痛みが主な原因にはなります。
そういった状態を引き起こす要因としては、スポーツ中の動きもそうですが、体重や股関節や膝周りの筋肉の間違った使われ方による慢性的なストレスがあります。

当院の治療 

患部の痛みのコントロールをしながら、膝の周りの筋肉の硬さや間違った使い方を直していくことによって、膝にかかる負担を取り除く治療を行っていきます。
股関節の筋肉や、ハムストリングと言われる太ももの裏の筋肉が上手く使えていないことが多いので、その部分をエクササイズで使えるようにしていきます。
膝から下の動きが筋肉の硬さによって制限されているので、その硬さをマッサージや電気治療でとっていきます。
また太ももの前側や膝のお皿の下にある組織の硬さも影響していますので、そのあたりの治療も行います。 これらの状態が良くない状態が続くことで膝に痛みが起こったり、靱帯や半月板などに負担がかかり損傷を起こしてしまいます。

当院では痛みの部位の治療だけでなく痛みが起こった原因まで追求し、再発予防と早期回復につとめます。