保険適用

健康保険が使える場合、使えない場合

柔道整復師(整骨院・接骨院)の治療を受ける場合、健康保険が使える場合と使えない場合があります。
健康保険が使える範囲は細かく定められています。

健康保険が使える場合は、本来は療養費払として、患者はいったん医療費を全額自己負担し、あとで健康保険組合に申請して払戻しを受けます。
ただし、柔道整復師が地方厚生(支)局長と「受領委任払」の協定を結んでいれば、通常の保険診療と同様に自己負担のみで施術を受けることができます。

▶ 使える場合

  • 外傷性の捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)の施術
  • 医師の同意がある場合の骨折・脱臼の施術
  • 応急処置で行う骨折・脱臼の施術
  • 例:骨折・脱臼・打撲・捻挫・肩の痛み※・腰の痛み※・突き指・ムチウチ・急性的な筋肉痛・関節の痛み など
    ※症状によっては保険が適用されず、自費診療となる場合があります。

▶ 使えない場合(全額自己負担になります)

  • 肩こり、筋肉痛(日常の疲労、体調不良や筋肉疲労)
  • 慰安目的によるあんま(指圧およびマッサージを含む)代わりの利用
  • 外傷性でない疾患(神経痛・リウマチ・五十肩・ヘルニアなど)からくる痛みやコリ
  • 脳疾患後遺症などの慢性病
  • 仕事中や通勤途上に起きた負傷
  • 症状の改善が見られない長期の施術
  • 医療機関で同一の負傷の治療を受けているとき
    (同一の負傷について同時期に整形外科の治療と柔道整復師の施術を受けた 場合、原則として柔道整復師の施術料は全額自己負担となります。)

よくある健康保険Q&A

Q.仕事中に転んで捻挫したが、健康保険でかかれますか

A.勤務中や通勤途上のケガについては、健康保険を使用することができません。労災保険が適用になりますので、会社に報告して手続きをしてください。
また、ケガの原因が交通事故等第三者によるものであるときは健康保険組合に「第三者行為による傷病届」により届け出ることになっています。すぐに届出書を提出できないときは、口頭や電話で一刻も早く健康保険組合に連絡してください。

 

Q.持病の肩や腰の痛みが慢性化して取れない場合、整骨院・接骨院(柔道整復師)にかかれますか。

A.負傷日がはっきりしない原因不明の肩や腰の痛みに対する施術は、健康保険の対象外 ですので、整骨院・接骨院での施術は全額自己負担になります。
なお、痛みの違和感が長期にわたって改善しない場合は、他の原因(内科的疾患)も考えられますので医師の診断を受けるようにしましょう。

 

Q.数年前に治ったところが痛み出したが、健康保険でかかれますか。

A.以前に負傷し治ったところが自然に痛み出したもの、交通事故の後遺症や脳疾患後遺症などの慢性病、症状の改善が見られない漫然とした施術は、健康保険の対象にはなりません。