肩こり

どのような症状ですか? 痛みの原因はこちらです。

▶ 症状

  • 肩のコリがひどくマッサージしても効果が継続しない
  • 痛みが慢性化している
  • 肩こりからの偏頭痛に悩んでいる
  • 首も痛い
  • 肩が重く気も滅入る

▶ 痛みの原因

首から肩にかけての筋肉の緊張が継続することで肩こり症状が起こります。人の頭の重さは5キロほどもあり、その重さを支えるために首から背中にかけて、おもに肩甲挙筋や僧帽筋という筋肉に負担がかかります。 とくに昨今はスマートフォンの普及やパソコン作業などにより、頭の重さがダイレクトにそれらの筋肉に負担がかかります。主な筋肉だけでは支えきれなくなることで、首の前側やそれらの小さな筋肉にまで影響を及ぼします。
筋肉が硬くなることが原因で、その付近を通っている血管や神経を圧迫し、コリ感だけでなく、痛みやひどくなれば頭痛を引き起こします。

そして筋肉の硬さは付近の関節、肩甲骨や鎖骨、背骨や肋骨などの動きも制限するようになるため、非常に回復が悪くなってしまいます。

当院の治療 

硬くなっている筋肉をほぐし、柔らかくなったところで付近の関節に本来あるべき正しい動きの再教育を行うことで、圧迫されていた血管や神経を解放します。血流の改善を促し、自己回復能力を取り戻し、早期回復、再発予防を行います。
主にマッサージと電気治療、関節運動のエクササイズを行います。筋肉の緊張があまりにも強い場合には、鍼治療もオススメです。

頭痛を引き起こすレベルの肩こりになると、自律神経のバランスも崩れていますので自律神経を整える治療も行なっていきます。