オスグッド病

オスグッドの痛みの原因

オスグッドは成長期の子供に起こる膝の痛みです。膝の下のところ脛骨粗面というところに痛みを感じるのですが、太ももの前側から膝のお皿を覆い脛骨粗面に付着している大腿四頭筋という筋肉がランニングやジャンプを繰り返すことで筋肉が伸び縮みし、付着部である脛骨粗面が引っ張られることで成長期で骨がまだ柔らかい子供は骨に炎症が起き痛みを感じることになります。

当院の治療 

痛みの治療としてはしっかり休みを取ってあげることが大切なのですが、太ももの前の筋肉の働きだけが原因ではなく股関節や桃の裏がわの筋肉を上手く使ってあげることで、膝にかかるストレスを分散し痛みを和らげるだけでなく早期回復につなげることができます。

当院では炎症を抑えるために患部にアキュスコープによる微弱電流で痛みのコントロールを行い、運動療法で正しい股関節や脚の使い方を学習することで早期回復、再発予防に努めます。

お気軽にご相談ください。