鍼治療

鍼治療

後藤鍼灸整骨院の鍼治療

当院では痛みをおこしている凝り固まった部分に直接アプローチし、鍼治療を行って行きます。
慢性痛の場合はご本人が痛みを感じている部分以外に原因があることが多く、そういった場合も痛みの種類や動き、触診から見つけ出してピンポイントで治療を行います。

■ 若返りの美容鍼はこちら ■

鍼灸治療による有効性が認められる病気

婦人科の病気 ・・・ 生理痛、月経不順、不妊、冷え性、更年期障害、乳腺炎
消化器の病気 ・・・ 便秘、下痢、消化不良、胃酸過多、肝機能障害、胃腸潰瘍
呼吸器の病気 ・・・ 風邪、気管支炎、喘息
神経の病気  ・・・ 頭痛、めまい、不眠、自律神経失調症、神経痛、けいれん、脳卒中後遺症
運動器の病気 ・・・ 腰痛、関節炎、リウマチ、五十肩、腱鞘炎、外傷の後遺症(打撲、骨折、ねんざ、むちうち)

NIH(米国国立衛生研究所)により、鍼灸治療の効果と科学的根拠、西洋医学の代替医療としての有効性が発表されています。鍼灸による刺激が、自律神経や免疫の働きなどに作用し、筋肉の緊張を和らげたり、血液やリンパ液の循環をよくしたりすることが、自然治癒力の向上を助けると考えられています。

鍼だからできること

鍼治療の一番の特徴は直接患部を刺激できる事です。痛みやコリの改善には身体の外からではなく鍼により直接刺激を与えることが非常に効果的だと考えています。
治療ポイントにピンポイントで当たるとズーンとおもだるい響きを感じます。
これが当院の鍼治療の特徴でこうすることで筋肉が緩み、血流が改善されます。
血液の流れが良くなることで滞っている老廃物が流れていくイメージです。鍼の響きは健康な時には何も感じません。この響きは独特で「痛み」とは違い、マッサージをされた時にソコソコという感覚に近いものになります。

痛みやコリの原因

近年、痛みやコリの原因として軟部組織(=皮下組織、筋、腱、神経、骨膜など)を対象として、組織間の癒着を取り除くことにより関節や筋肉の滑らかな動きを獲得することで頑固な慢性痛が改善されることがわかってきました。これが治療のポイントになります。
当院では高い鍼治療の技術でこれらに対して鍼治療でアプローチし痛みやコリの改善を行います。

鍼治療の効果

慢性痛への効果

近年、鍼治療が最も効果を発揮する症状が慢性痛になります。多くは慢性的な炎症により筋肉関節など軟部組織間にできた癒着が原因です。
そこをピンポイントで刺激し組織間の問題を解消することで頑固な慢性痛を改善します。

ゆがみの修正

筋肉や関節の癒着が起こることでそれらの動きに制限をかけます。これがいわゆる“ゆがみ”と呼ばれています。
この“ゆがみ”が慢性痛に繋がるだけでなく、痛めている患部以外の筋肉や関節に二次・三次的に痛みを起こしてしまいます。皮膚や皮下脂肪、筋肉に腱や靭帯など細かな組織に対して鍼治療で可動性を確保することが可能です。

正しい筋肉・関節の動きの獲得

筋肉や関節の癒着がおこると痛みにつながるだけでなく、ゆがみを引き起こし、放置してしまうと正しい筋肉や関節の動きまで失ってしまい痛みからスムーズな回復の妨げとなってしまいます。
ここまで来ると痛みから抜け出せない負のループとなってしまい、身体のその他いろいろな部分に痛みを引き起こすことになってしまいます。
的確に治療対象となる部位を見つけ出し症状や機能の状態を把握して回復に最適な鍼治療を行うことで正しい筋肉・関節の動きの獲得を目指します。

治療後について

身体が回復へ向かう好転反応

鍼治療には薬を服用したときのような副作用はありませんが、治療後に身体が回復に向かう際に好転反応と呼ばれる症状が出ることがあります。鍼治療や漢方薬を服用した際に起こり「瞑眩(めいげん)」と言われます。

筋肉痛のようなダルさが残ることがあります

治療部位の血流改善が為され、新陳代謝が活発になったことで起こります。

治療部位の痛みが目立つ感じがする

慢性的な症状が長く続いている場合、幹部の筋肉が固まり、血行が悪い状態になることで退行性変化が起きてしまいます。
その結果、痛みやコリを自覚できなくなってしまいます。患部の筋肉が鍼治療によりゆるみ、血流が改善されることで痛みやコリを感じる正常な状態になる過程でこのような反応が起こります。

内出血

鍼治療を行ったあとに内出血を起こすことがあります。当院で鍼治療に使う鍼の太さは0.16〜0.20mmと髪の毛ほどの太さの非常に細い鍼を使用していますので注射針などと違い太い血管に刺さることはありませんが全身にくまなく張り巡らされた毛細血管を避けて治療することは不可能です。

通常、健康な部位であれば鍼が毛細血管に触れることで皮下組織に出血が起きたとしても皮下組織の収縮率が高く内出血することは非常に稀です。逆に痛みがある部位などは患部が腫れた状態で皮下出血を止めるほど皮下組織の収縮率がない場合が多く、それが治療をする際に内出血が起こる理由となっています。

内出血は早くて2〜3日、長くても2週間程度で自然に消えていきますのでご安心ください。

入浴

鍼治療の鍼は非常に細く皮膚の損傷もほぼない為、当日の入浴も問題ありません。

使用する鍼について

使い捨てのディスポーサーブル鍼を使用

当院ではすべて使い捨ての鍼のみを使用しております。鍼は直径0.16〜0.20mmを主に使用し、鍼先は注射針のように鋭利ではなく丸みを帯びた加工がされたものを使用している為、身体に入っていく際の皮膚ダメージが少なく、痛みや出血もほとんどありません。

■ 鍼治療についてよくある質問はこちら ■